読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

with a purple passion

宮田俊哉くんに浮かされてる。隙あらば自分語り。90年代懐古しがち。

「諦める」って誰が言った?

宮田俊哉

良い意味の言葉ではないですよね。
「諦める」

Myojoの1万字インタビューに出てきたこの言葉に引っかかってしまった。
勿論そのままファンレターに書かれていた言葉ではなくて、宮田くんが読解した結果だろうけど、インパクトがあって胸が詰まってしまう。

新規が何言ってんだよ、だろうけどファンが諦めてしまいたくなる出来事が傍から見ても沢山あったように思える。
前3人後ろ4人の衣装やカメラ割のあからさまな格差。
救済策として(と推測)舞祭組でのレギュラーがあるけど毎回のように茶番*1に付き合わされ、紫のペンライトがないと自虐的発言もあった。

バラエティなのに何そんな傷付いてるの?

これから舞祭組アルバム出るし、一般層に向けての応援よろしく的な盛った発言でしょ。
ファンになって日が浅かったし、その場に居なかったからそう思ってた。

でももうすぐコンサートに行く予定の今はキツすぎる。
公共の電波で自分(たち)の存在が蔑ろにされる感じ。
無理、泣くわ。
そりゃ嘆きのファンレターの一通も出したくもなるわ。
出したくなる。と、出した。では大きく違うけど。

と、ここまで書いてたら、今日のキスログにも出てきた。
まめに更新してくれて嬉しい。
7週に1度という暗黒期のことは忘れよう。

宮田ガールズ達が諦めかけている二枚目の部分を取り戻す!!

これ引用まずいかな。一応ちょっと省略しました。
ガールズ達って重複表現では?と一瞬思ったりなんかしたけど、改めて宣言してくれたことに本気を感じる。

ネタバレ気にならない*2のでTwitterに流れてきた大阪のレポを読んだけど、王子様でいてくれようとしてるのを感じられた。
文章だけで想像してはキュンキュンしてゴロゴロ転がりたくなった。
肌がカサカサしてたのに翌朝は肌のツヤが半端なかった。

どうしよう。
生で宮田くんのこと見たら心臓持つかな。
まだチケットも届いてないのにそんな心配してる。
席もわからないのに防振双眼鏡をネット通販で買ってしまった。
重さが心配だけど、炎天下で片手で12リットルの水入ったカゴ持って走り回ってたこと考えれば何とかなるだろう。昔取った杵柄。

私は諦めたことないけど、ドキドキさせてやるぜって言葉にドキドキしてるからね。
東京ドームで待ってる。


ちなみに今回の記事タイトルは日本橋ヨヲコ先生の『少女ファイト』より。
「諦める」という言葉に敏感な登場人物がいます。
私もいつの間にか彼女に感化されたのかも。
いい意味で青臭くて熱くて好きな漫画家さん。
宮田ガールズはアニメや漫画に精通していないとっていう謎の義務感。

*1:一発撮りでグダグダなカラオケを晒す流れのこと。UTAGE好きな人ごめんなさい

*2:漫画のネタバレは気になる派です(無駄情